スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中京10R

長久手特別も面白いレースになりそうですね。
まずは今は中京に1マイルレースがあることに驚いておりますw
1エイシンミズーリ、5カネトシディオス、10アドマイヤセプターに注目しております。
中でも、前回も狙ったアドマイヤセプター。超良血馬なのに、度重なる2桁着順により小銭稼ぎ要因になりつつありますが、気性がネックになっている一頭なんでしょうね。
早く勝たせたいなら、結果の出ている輸送のない北海道に連れて行けばいいかなと思いますが、今回も輸送競馬。
大分色んな事に慣れが出てきたのではないでしょうか?

前走も今までにないいい競馬でした。自分で勝ちに行っての競馬。明らかに道悪競馬は苦手です。
蛯名騎手が乗るのが理想的でしたが、浜中騎手ならば問題ないでしょう。
左回り、良馬場と条件はいいです。枠もいいところを引けました。

相手関係も成績のいい馬が多く悩まされます。
先に挙げた2頭だけでなく、15アバウトも魅力です。
前走のように先手を取ることはないでしょうが、溜めてナンボみたいなメンバーですから逃げなくとも
騎手込みでアバウトがペースメーカーになりますね。
早い上りを使える馬ですので、枠は悪いですが怖い1頭です。

開幕週だけに、トラックバイアスは前、内で間違いないでしょう。
差し馬によるコーナーの勢いそのままにって競馬は今週はなかなか難しいように思います。
特に最後の長い直線、急坂とありますから、騎手も慎重になると思います。

福島4Rの結果如何になりますが、資金があったら買いたいレースです。
スポンサーサイト

福島4R

おはようございます。午前中はこの馬で。
福島4R13番ジルニトラ。前回パドックで見たんですが、とてもいい馬だと思い馬券を購入しました。
結果はウィリアムズ騎手にしつこく絡まれて、直線早々と失速。
タイムも遅かったし、ラップもかなり中だるみしてますのでそこまで人気にならないでしょう。
半兄のシルクビックタイムも久保田厩舎に居ましたね。
なかなか魅力的な末脚があり、重賞でも2着(結構離されてますが)。
父はディピュティミニスターからディープインパクトに変わっていますので、このあたりの距離が最適なように思えます。

恐い相手は成績通り1.3.11でしょうか。
未勝利もあと二ヶ月です。早めに勝ち上がって頂きたい一頭です。

戦術ってゆーか

買い方ですねw
これは痛い間違いでしたw

基本的な戦術

他のブログを見ていると、レースによって戦術を変える方が多くいらっしゃいます。
かく言う私もそうですが、基本的な戦術は単勝・複勝です。
あまりの多くの馬をあげている時は、3連複だと思ってください。
ただ、私のブログはプロ意識とか、金儲けとか考えてないし当然無料ですので、購入の際は
自己責任にてお願いしますね。

あたらねーじゃねーかよ!なんてのは、当然。
余裕のある範囲で遊ぶのが競馬ですから、文句を言うのは筋違いです。

でも、色んな考え方はできますね。
そういう自己啓発的な感覚で見ていただけると、私もありがたく思います。

意見や感想があれば、頂けると嬉しいです。

なんだかんだで金曜日ですね

結局二回しか書けなかったです。情けない。
ネタがない訳ではないんですが、最近ウォーキングをしていまして疲れて寝ちゃうんですよね。
今日は競馬の予想があるから運動しないし、酒も飲みません。

馬券的には土曜日に集中するかもしれませんね。
今週はハンデ重賞二本立てですからね。福島のほうは、重賞の立ち位置が既に意味不明ですが
関係者からすれば、有難いレースなんでしょうね。
ここを勝って秋に向けて。。。って距離が違いすぎて実感ありませんよねw
残念ダービーと言われますが、一番近いのは皐月賞ですよ。
今年はまだ開催後半の福島名物、外差し馬場になっていません。
尚更流れが速くなりそうですね。

加古川特別回顧

こちらも回顧しなくてはいけないでしょうね。

本命視したナムラビクターは3着。直線一気競馬だけは、騎手の乗り替わりを見ても絶対にないと思い、エーシン、ハリケーンを見ながらの競馬だと思っていましたが、結果的に早く動きすぎた感じでしたね。イメージとしては勝ったクラブトゥギャザーの競馬をイメージしていました。人気になりすぎたから早く動いたのか、それとも和田騎手が乗って勝ったエーシンを意識しすぎたから早く動いたのか。

どちらにしても、マークして差せなかった。それは痛いにしても、今までにない激流を動いて行った。非常に内容はあったと思います。これからどこのレースにいくのかわかりませんが、次も自信を持って買いたいと思っております。複勝270円はおいしく頂きました。

今週から左回りが復活しますね。中京競馬の開催です。
ちょっと私生活の問題で、昨年12月から桜花賞までは競馬を見ておりませんでした。勿論馬券も購入しておりません。コースを見る限り、3~4角の下り坂と直線入ってのいきなりの急坂でペースはそれほど上がらなそう(人間心理で)。前回の開催を調べてみて、馬券に活かせていける情報があればいいですね。

ただ、開幕週なんで、あまり考えなくてもいいかもしれません。

宝塚記念回顧

これ、ほんとは昨日ないし一昨日やるべきだと思いますw
他の通常運転しているブログはしていますからねw

昨年の秋の天皇賞に近い感じのレースになった印象です。あそこまで硬い馬場ではありませんが、底力が試されるレースであったことは間違いなく、上位の馬は今年の有馬記念も上位評価でいいと思います。

オルフェーブルに関しては、昨年秋からの筋肉が取れてしまい、いい状態には見えない感じであったのは間違いなかったと思います。ああいった展開で突き抜ける馬なのは皐月賞(昨年のみ東京)でも証明済み。この馬もコーナリングが巧い(謎の逸走を除けば)。血統が為せる技なのかもしれません。恐らくディープインパクトのようなローテになると思います。今年の秋は馬券とは離れたところで応援したいと思っています。

ルーラーシップはスタートで後手を踏んでしまったのは悔やまれるとウィリアムズ騎手も言っていましたが、昨年もあんなもんでしたよw昨年と違うのは、3角で動かなかったこと。一番強い競馬をしていましたね。オルフェのいない秋は中心になりそうな論調です。フレッシュな状態が理想の馬みたいで、調教でやりすぎないのがポイントなのでしょう。血統的に人気先行ですが、大分身体が追いついてきた印象。それくらいパドックは素晴らしかった。

ショウナンマイティはスロー専用の馬だと思っていましたが、考えが甘かったことを痛感しました。浜中騎手とのコンビは今後も続いてほしいです。これからどうなっていくのか、楽しみな馬です。

本命視したトゥザグローリーは何だったのかわからない負け方でした。G1のピンク帽が厳しいのは重々承知で、調教状態も良く、相手関係も吟味しての本命。夏負けもなく、パドックも非常によく見えました。エイシンフラッシュ同様スロー専用機なのでしょうか。この世代はパドックで良く見せたり、スローになると異常に強い競馬で上位を独占したり、取捨が難しいようで簡単なのかもしれません。展開一つで順位がコロコロ変わる世代。

秋は2戦東京で行われる古馬中長距離路線。オルフェーブルが海外に行く事が濃厚なので、小回り競馬である今回の順位は鵜呑みにして挑むとまた痛い目を見そうですね。

12R加古川S

週中より期待していたキングブレイクの回避は痛いが、なかなか魅力的なメンバーです。
今回の肝は降級馬と3歳馬との力関係。
前走1000下をぶっちぎったハリケーン。何故今回も岩田騎手が乗らないのか?
なぜ1600万下を使わなかったのか?
ここに疑問と勝負気配がありそう。一番人気濃厚な馬です。
危険な人気馬に映ります。

危険な人気馬といえばタナトスもですね。とにかく馬主にとっては有りがたい調教師である森氏。社台と一悶着あったようで、成績は下降しております。しかし、15年前は今の角居氏と同じくらいの活躍をしておりました。今でも素晴らしい調教師だと思っております。何故今回タナトスが危険なのか、この馬は藤田騎手で睨み逃げをきかせて3F勝負で着を狙っているからです。今回は横山騎手。能力はありますが、今回狙うには辛いですね。

個人的には前走のインパクトが強烈だったナムラビクターからと思っております。渡辺騎手からの乗り替わりが和田騎手。ナムラクレセントと同じになりましたね。前走勝ったのに騎手変更。これだけで勝負気配が窺えます。

フミノイマージンの乗り替わりから、随所で存在感を見せる太宰騎手。強行軍とはいえ、連勝のエーシンスピーダーも怖いですね。前回は古馬相手に3馬身。勝ったことで自信がついた様子。プラス体重で出てくればなお怖い存在ですね。

ナムラビクターはどうにも競馬が下手な印象で、直線だけで競馬する感じなので取りこぼす可能性も高いです。新コンビでどんな競馬をしてくるのか、注目しております。

今回買うなら単勝複勝です。

宝塚記念について

いまだに7割の出来であると胸を張っているオルフェーブル陣営。池添騎手のインタビューも半ギレ状態に映る。一連の成績に加え、これは1着に来ても祝福はないんじゃないかと思えるような雰囲気がある。まず間違いなく陣営には不穏な空気があるのは間違いない。馬は言葉がしゃべれない分、雰囲気に敏感な生き物である。やはり買う材料が少ない。

まだ自分自身迷ってはいる。昨年同様ルーラーシップが明日から人気を上げてきそう。新聞社の印を見ると、エイシンフラッシュも人気を上げてきそう。この2頭の不安は何か?ルーラーシップは機動力が東京、京都向きなのである。いわゆる自在性の問題。全てがうまく運んだ香港の一戦は、リスポリの神騎乗の他ない。あんなにうまくいくというのも、そうそうない。でも、サンデーレーシングが一番勝たせたいのもこの馬でまちがいない。というのも、母のエアグルーブ価値を上げたいと思っているのは、日経賞で3着に負けたのにも関わらず、主戦福永がG1に乗らないのにも関わらず、香港でG1勝利という箔をつけたかったのだろう。それくらい、今年はこの馬にかけている。じゃあ本命でいいではないか?となろうか。

なるわけがない。事実、四回挑戦して四回とも掲示板とまり。こちらもオルフェ同様、来たらごめんなさいで紐。

エイシンフラッシュは春は2戦しか使わないと決めていたのだろう。昨年秋の感じとはローテが違う。ここは取りに来ている。ただ、やはりダービー以来勝ちがないのも事実。2番手評価。

ここはトゥザグローリーに本命。この馬は夏負け云々が言われているが、それは今までの使いすぎでピークが過ぎてしまっているからだと思っている。今年は天皇賞もパスし、一叩きしての狙ったローテ。そんなに長続きしない末脚からも、この馬は小回りでこそ。前回で前目につけたことは、折り合いへの不安を一蹴させた。福永騎手、これで負けたら言い訳できない。ワールドエース含め、厩舎の主戦として結果を出したいはず。ダラダラ外を回って終了なんて競馬は勘弁願いたい。

難しいのはフェデラリスト。何故1週前でなく、当週にこんな付加をかけたのか。素晴らしい動きに間違いないので、▲評価にしておく。調教抜群のショウナンマイティも紐。

ここまで書きましたが購入するならトゥザの単複と、先日上げた馬番馬券です。

安達太良s追記

相手を数頭ピックアップしましたが、今回は単勝複勝で勝負しようかと思います。
買うかどうかはパドックまで見定めます。
今日見なくてはいけないのは馬場状態です。
とくに開催最終日の阪神には注目です。
阪神9Rの京橋特別は、参考になりそうですね。

安達太良s

おはようございます。
今日は買いたいレースが多いですが、まずはこのレースから。
東京で行われた麦秋sの再戦ムード。
右回り、100m延長、気にするのはこのあたり。
比較してみても、単純に最先着馬を優先して問題ない。
セイリオスから、エアウルフ、モエレジュンキン、テープカット、エイシンナナツボシを相手に。
基本的に前に行きそうな馬で十分。
時計はかなり速くなりそうですから。

根拠がいらない時もあります

脆弱な理由なんですが、先週のマーメイドSの結果を受けて
3~9の馬単は買いたいなと思っていました。
ただ、入った馬を見てマウントシャスタだけには触手が伸びなかったので外します。

脆弱な理由というが、マーメイドSできた馬番が3、6、7。このあたりが走りやすいのかなと推測しました。直線の位置は確かにありますが、なら8枠2基の方が人気は上でした。

1,2に入った馬が13,14着も偶然にしては出来すぎてはいないかと考えていたわけです。
つまり先週と同じレベルの馬場であれば(今年はいじっていないと思う)、このあたりの馬番がギリギリな気がする。

というわけでとりあえず馬番だけで買ってみたいと、思いますw

なんてこった

私が狙っていたキングブレイクは回避。なんだなぁですわ。
金額は大幅に下がるにしろ、このレースは面白そうなんで真剣に考えていきます。
理由は様々で、どっからでも入れる感じですよね。
あまり難しく考えずシンプルに考えます。
休み明けの馬も多く、調教状態も含めて考えていきたいと思います。

このレースに関しては土曜日にアップできればと思ってます。

やっほい

キングブレイクさんは想定内田騎手で入ってますね。
ここは降級馬や連勝馬が多くて、一筋縄ではいかなそうな印象。
特に前走古馬に混じっての圧勝エーシンスピーダーさんと、レース見て、『バケモンかよ』と唸らされたナムラビクターさんは注目ですね。
降級の中ではハリケーンさん。これも前走は圧巻。岩田騎手のアシストが大きかったのもあるので、再度北村友騎手になることは不安ではありますが。
メテオライトも、いい馬ですね。
ここは夕方の出走馬確定までは結論は先送りですかね。
宝塚記念よりも投資する予定です。

今週の注目レースが他にもありました

とあるサイトで注目馬登録していた馬が特別レースに登録していたので、それについても説明をします。
24日阪神12Rに登録しているキングブレーブです。
確かユニコーンSにてストローハットの対抗評価をしていまして、馬券を購入していました。あんな酷いレースを見たのは久々な為、登録内容は「藤岡騎手以外の時」になっていましたw
正直、馬なりで先手を取れる馬で出遅れるなんて、正気の沙汰とは思えません。
やらず指令があったとは思えず、騎手の技量を考慮してワイドにした私は本当に殺意を覚えました。

今回は自己条件、ダートスタートと条件は好転します。何より、藤岡兄では話にならないと思いますので、枠順も含めて最後まで気にしていきたいと思います。

正直、羽月調教師はダートの上級馬が多いので、早く脱出させたいなと思っているはず。
OPまでの能力を、私は感じています。あとは騎手です。

単純な感想

あんまり他の方の記事を参考にしているわけではありませんが、長く続いているブログの方というのは馬券とはちょっと違うところで楽しんでいるなという印象がありますね。あまり知識も経験もない私では、思いもよらないことを考えていて勉強になります。

馬券は調子の波が必ずある。大切なのはそこに至ったプロセス。そこがぶれない限り、年間でプラス収支というのは難しい話ではないのかなと思います。

大きく勝負するレースというのは1開催に2レースあるかないかでしょう。
ああこうなるよなってレースは必ずありますよね。
それは人気とか関係なく、あります。
この春、私にとってはカレンブラックヒルとホエールキャプチャがそれにあたります。

そういうレースをひたすら探し続けるのが、年間プラスになるのでしょう。
馬券は基本的に単勝複勝もしくは3連複です。

G1だから当てたいと思う気持ちより、なかなかに見ごたえがあるレースになる予感がしますので、当てたいなと思っております。

今のところはトゥザグローリー、ショウナンマイティ、エイシンフラッシュに気持ちが傾いております。
それでは。

一昨年、昨年の宝塚記念

2010年はナカヤマナイトが差し切り。2011年はアーネストリーが早めスパートから推し切り。
共に1番人気に推されたのはブエナビスタでした。
昨年の有馬記念で引退してしまったのですが、夏冬のグランプリに出て2着が4回。
改めて凄い馬ですね。しかし、どこか運がない。生涯2回の降着、度重なる乗り替わり。

阪神2200mの特殊性は、色んなところで語られています。まず小回りであるところ、故に非常に締まったレースになりやすい。4F勝負になりやすい。
でもなによりは、やはりサンプルが少なすぎるというところ。
重賞クラスのレースがこの一つでは・・・

特殊というより、仕組まれている感じがしてしょうがないです。

最初に出しましたとおり、グランプリは連動します。コースが似ているのでしょう。
ドリームジャーニーやハーツクライがこのレースだけは爆走していたのは、記憶に新しいところです。

では今回は?1着~4着馬まで出ますね。
正直、あんまり難しく考える必要はないんじゃないかと思います。
オルフェーブル次第にはなりますが、エイシンフラッシュとトゥザグローリーは内容的には同じレベルです。この2頭のどちらかで・・・と思うのが今の心境です。ルーラーシップは最速の上り。これはレースに参加してない感じがあったので、あまり上位には評価しておりません。

オルフェーブルには是非出てきてほしいところです。全く買わないわけではありませんし、何より出てきてくれないとやはり盛り上がらない。どういうレースをしても、今の競馬界は彼が中心で間違いありません。

来週は宝塚記念です

前哨戦(京都記念から)一貫して、1番人気馬が勝っておらず、出走すれば1番人気濃厚のオルフェーブルが今だ出走を明確にしてません(調教の感じではでてくるのは間違いないです。

オルフェーブルを本命にする可能性はありません。走るのを嫌がっているというのは大きすぎる理由ではないでしょうか。天皇賞春、4コーナーで外に膨らんだのは、池添騎手に反抗したからに他ありません。あのコンビは良くも悪くも、今回まででしょう。でなければならないと、私は思います。有馬記念を見る限り、力が違いすぎるのは明白です。この馬もエリンコートやアニメイトバイオと同じ精神の部分で、見送る予定です。

ペースは速くなりそうです。ネコパンチが出るからよりも、ビートブラックがいるからです。2度も同じことがやれるほど、他の騎手も甘くはないですから。間違いなく早く潰しにいくことでしょう。

そうなると、ホエールキャプチャも厳しくなります。このレベルの底力勝負になると、やはり牝馬には分が悪い。こなせるんであれば、もっと早くにG1を勝っていたはず。

同じように、NHKマイルで馬群であえいだマウントシャスタも苦しい。

あと一つ、武騎手の動向も気になりました。最初は何故かローズキングダムで参戦予定だった。誰の目にもウィンバリアシオンの方が勝つ可能性が高くうつるのに・・・。かと言ってフラレタ形になるウィンバリアシオンが悪いかと言えば、ルーラーシップを差し切っているように、決して悪くない。結局鼻血馬トレイルブレーザーに乗るなんて、今G1を勝つということは考えてないのかもしれないと勘ぐってしまう。

昨年の覇者アーネストリーもレース内容が悪すぎて、話にならない。前走最後方に構えて、勝ち馬より遅い上りタイムでは・・・

海外出走の2頭は要チェックでしょう。しかしながら、エイシンフラッシュはダービー以来2年勝っていません。ここは忘れてはいけない重要なことです。

フェデラリストのローテだけが、よくわからない。逃げ切り濃厚のシルポートを捕まえた中山記念なんかは凄いレースでした。大阪杯もショウナンマイティだけが別の競馬をいただけで、天皇賞2着のトーセンジョーダンを差し切っているのですから。ただ、ローテは不安。サンデーは使い分けがされるが、社台はそうでもないw関西圏のレースを三戦するのを嫌がっただけかもしれません。忘れちゃいけないのは、この馬のしてきた競馬は相当強いということ。と、週末の自分に言い聞かせております。

函館スプリントS

ドリームバレンチノが勝ちました。松山騎手の注目していたのですが、往年の武騎手のような素晴らしい騎乗でしたね。好スタートから一旦下げて外に出す。4コーナーで蓋をして、直線はじける。私が思っていた印象より(実は一度も本命にしたことがない)、もっと素晴らしい騎手でした。
ドリームバレンチノ自身も、どんどん力をつけています。ラスト1Fは必ずいい脚を使う馬。これはもしかするかもしれません。

反対に福永騎手。正直どっちがリーディングかわからないような騎乗でしたね。ダメな日もありましょうが、さすがにこれとダービーの騎乗はいただけませんね。
ロードカナリアはなかなか仕上がっていました。残念で仕方ありません。

期待したパドトロアは最後の粘りを欠いてしまいました。スプリンターズSに比べると、やはりトモの張りがなかったですし、まるで豚でした。前にいける脚は衰えてないので、ここは叩き台だったのでしょう。次にまた期待します。

マーメイドS回顧

馬群の中で折り合ったグルヴェイグが完勝しました。
勢いに乗った良血馬らしい躍動感を感じました。府中牝馬Sに出たら、迷わず勝負します。
ウィリアムズ騎手は、前日から一貫して直線は3頭分は外に出します。
まだ2週目だというのに、徹底しています。土曜日の雨が内を悪くしたのは間違いないのでしょう。
来週は兄のルーラーシップに騎乗予定。どんな競馬をするのか楽しみであります。

期待していたクリスマスキャロルは2着。スタート直後に挟まれ、ダッシュが利きませんでした。これは不運でしたとしか言えませんが、腹をくくって最後方で動かなかったのは評価していいと思います。4コーナーから無我夢中だったのでしょう。グルヴェイグにはじかれた3着馬に前をカットされかけても、夢中で追っていました。これで重賞を勝つのはまた先になりそうですね。多分本命で買うことはないでしょう。

残念な騎乗だと感じたのはアカンサスでした。3着馬のような競馬をするかと思って上位評価したんですが、甘かったようです。明らかに早い展開は読めていたはずなのに残念です。

スマートシルエットは平均ラップで浮上してくると踏んでいたのですが、やはり前傾ラップになりすぎましたね。

馬券の方は、3連複1頭軸(クリスマスキャロル)でピックアップした馬達で当りました。

とてもおいしい馬券でした。

マーメイドS

ここは混沌としていますね。鞍上込みで押し出された人気のグルヴェイグ。確かに強い競馬をしてきましたね。ただ、ひたすらワンターン競馬で結果を出してきた馬。オークスで3番人気になった人気先行の血統馬。今回は紐でいきます。

本命はクリスマスキャロル。誰がどう見てもハンデが軽すぎる。おかげで藤懸騎手。どうにも厳しいですが、彼にとってはここで勝てなきゃあと3年は勝てないでしょう。間違いなく堅くなっていると思います。
馬はいいので、彼への期待込みで本命です。

アカンサス、スマートシルエットは、前走離し逃げができなかったことを敗因に挙げているアグネスワルツが作る流れで浮上してきそう。軽量騎手の中では、酒井騎手。

シースナイプスはやはりワンターン競馬でこその馬。来たらごめんなさいスタイルでいきます。

エリンコート、アニメイトバイトバイトのような馬は基本的に1,2着するまで(きっかけとつかむまで)は切り。

ベストクルーズの北村友騎手は乱ペースでこその騎手だと思っています。

どちらにしましょうか

本日は函館スプリントSとマーメイドSの2重賞ですね。
先週なんかエプソムカップしかなかったのにw
先に函館スプリントSからにしましょうか。ここのポイントはロードカナリアで間違いないでしょう。
昨年のカレンチャンのようなローテーションを組むつもりなのでしょうか。それとも厩舎の使い分けなのでしょうか。どちらにしても、同等の力を感じていると言えますね。G1の流れを先行して勝ちにいった、前走は強い競馬でした。あとは状態でしょうが、時計だけみると1頭レベルが違いすぎるんですよねwww

これで負けるのも競馬でしょうが、相手を考えましょう。

昨年に香港に行った7パドトロア。春は本物じゃありませんでしたね。高松宮記念に出走できなかったのは、体調に問題があったのでしょう。安藤騎手も乗っていなかったのは、その辺りもあるはず。北海道を目標にしてきていたのでしょう。逆転まであると思います。


2ドリームバレンチノもロードカナロアを見て差し切るだけのイメージ。状態はよく、あとは騎手だろう。武騎手や横山騎手はその昔の得意戦法でしたね。松山騎手・・・今回はそういう意味でも注目しています。

臨戦過程(特に12月からの)がイマイチではあるが、パワータイプのキングレオポルドも当初は本命予定でしたが、小牧騎手ではないことで三番手。なかなか1600万で苦戦していたのは能力よりも気性なのだろう。相手は強い方がいい。三番手。

鶴見特別

11:30現在1,2番人気は関東馬。
その時点で臭いw確かに降級馬に勢いのある馬は少ない。
前半のレースの時計を見ても、前で運べる馬は有利であろう。
しかしあえての12番カリスマサンスカイを推す。
前走もヤリだと思っていたが、雨のないダートでは推進していかない様子。
内にモタレ通しで、カフェヒミコの差し切りを見ていた私をしては不可解極まりなかった。
今回は雨ということで見なおしたい。

結論、好きな馬から買うってだけw

藤沢さん

近年成績が下がり続けている藤沢厩舎。社台系の馬よりも、有力個人馬主さんを相手にしているところがあるのが原因なのか、定かではないがペルーサといい、全盛期を知っている者としては歯痒い。

今日は函館に出てくる三歳馬に期待したい。ともに四位騎手。
四位騎手じたい、藤沢さんとこにマッチする印象がある。
いい結果を期待したい。

さてさて

本日は福島、阪神ともに雨の模様。
福島は開幕週だから、残念ではあるけど梅雨競馬だから仕方ないですね。
こういう日はダート戦でいきたいですね。

福島3R、6番フェアリーロンドはどうでしょう。叩き三戦目ってことよりも、結果の出ている滞在競馬を捨てての参戦に勝負気配を感じます。蛯名騎手と角居さんってコンビもあまり記憶がないです。ここは騎手を含めて買いですかね。

手堅く複勝でいきましょうか。相手は徹底先行の8番クラウンミネルバ。交わされたらモロイのは前走で騎手もわかっている感じなので馬場も含めて今回は頭まであるでしょう。逆にデルマボサツは控えそうなので割引でしょう。それならジュリエットソングの方を上にとります。

とにかく低調なメンバー。パドックから返し馬までみたいですね。

しっかし

上位のブログってすっげーなあ。
更新も多いし、業者じゃなければ内容も多いし。
毎日更新が目標の私とは大違い過ぎるw

枠順がでましたね。取り敢えず昨日patに入金してきました。ここんとこ使ってなかったので、残金確認したら1400円でしたよw

まああんまり買わないから、とりあえず二万いれときました。
更新とともに頑張りまーす。

あれですね

やっぱローカル開催はテンションが落ちますねW
馬券妙味は変わらずあるはずなんですが、基本的に3場開催でも関東圏しか買わないのが原因なんでしょうか。
そんななか今週は函館SSとマーメイドSがあります。
注目は函館でしょうね。開幕2週目なんで、やはり内を回った馬が有利なんてここで書かなくてもみんな知ってるW問題は洋芝適正とコーナリングの巧さ(加速できるか)でしょう。
東京と京都で使っている馬には、なかなか感じることはありませんが、コーナリングの巧い馬というのは確かに存在しますね。一番有名なのはドリームジャーニーでしょうか。あの馬はコーナーでほぼトップスピードに乗れました。左回り云々より、コーナーでどれだけ差をつめられるかが、ポイントの馬だったのではと今でも思っています。

今回は枠も含めて検討しなくてはと思っています。ロードカナリアが人気になるのは見えています。素直に相手探しかなとも思っています。カレンチャンで昨年勝った厩舎なんで、洋芝も問題なく走れるという算段はあるのでしょう。恐らく3戦目でスプリンターズSな気がしますので、色んな勘ぐりもありますが今回はメンバーに恵まれた勝ち得戦な気がしてなりません。つまらない内容になりましたが、仕方ない時もありますよねW

どうにも詰めが甘いようです

東京競馬場は特に最終週だったので、馬場状態が大きなポイントになると思っていましたが、いやはや状態を全く見れていないのもあるが、エプソムカップはとても残念な結果でした。

トーセンレーブからいくのは決めてはいたが、ダノンシャークを全くプッシュしていないのは残念で仕方ありません。戦前は低調な印象がありましたが、夏場も使う馬が多そうなので、平均ペースで流れた今回は今後も狙える馬が多く居そうです。

セイクリットレーブ・・・今回も狙える感じはありましたが、斤量差があったにしても上り2位の0,7差は立派。元々1800からの距離短縮で成績が上がった馬。ここを叩いてラジオnikkeiなら、かなり好感を持てる。

レッドデイビス・・・今回は大外というより、馬場だろう。もっと積極的にいかせても良かったと個人的には思う。関東圏でどうにも結果を残せていないのは気になる。

垂水sについて

これも目移りしそうなメンバー。しかし、ステラロッサが抜けている。
前々走見た時に、この馬はこんなところにいちゃいけないと思った。
人気になろうが、複勝でしっかり仕留めたいw
相手はアドマイヤラクティ、マルカボルト。ダコールは四番手で。

エプソムカップ

人気を見てビックリした。
1人気トーセンレーブ4,5
2人気ダノンシャーク4,9
3人気レッドデービス6,7
4人気セイクリットレーヴ7,8
5人気ダイワファルコン8,5         23:24現在

正直マイラーズカップの再戦メンバーなのだから、レッドデイビスかダノンシャークが1番人気だと思っていた。ずっと外国人騎手が乗り続けてるトーセンレーブの評価は依然として高いままなのですね。確かに洛陽Sは見た目はかなり強い競馬でした。間違いなくマイルあたりの流れは向いていると思います。出れていれば、レッドデイビス共々安田記念でも人気していたに違いありません。

いきなり結論から言うと、1、6、11、18辺りの戦いになると読んでいる。枠を考えると、やはりトーセンレーブに落ち着く。今日のように、4角で外外を回る展開になるようなら、セイクリットレーブとの叩きあいではなかろうかと思っている。先週と変わらない一流騎手達が集まっているので、それほど狂う感じはしない。明日の馬場次第になるので、こればっかりは今結論を出せない。

これから本格的に夏競馬になるので、秋に向けた勝負度合いの高い馬を狙っていきたい。


プロフィール

GMポテト

Author:GMポテト
今年こそガリガリ君で当たりを出したい!

2012年11月13日より禁煙スタート。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。