スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌2歳s

馬券を買うレースではないでしょう。サンプルが少なく、リスクの割には見返りが少ない。でも、注目はしなくてはいけないレース。新潟、小倉の2歳sレースはその特殊性のせいか、今後に繋がるレースになることは少ないですが、洋芝で行う割にはこのレースは今年一杯は参考になることが多いです。今年も注目できる馬が沢山いますね。

トーセンパワフルとコディーノ。

人気を二分しそうですが、この二頭は今後も楽しみな馬。新馬を見る限りは、レースの上手いトーセンパワフルが今回は先にゴールしそう。もし前回のような競馬でコディーノが勝つようであれば、この世代の暫定王者と言ってもいいでしょう。コディーノはとても魅力的な雰囲気の馬です。

トーセンパワフルは血統背景から、横山典弘騎手が乗るという話もありましたね。これは、コディーノを選んだのか?うーん、ちょっとわからない。

今回はトーセンパワフルが先着しそうな気がするんですが。新馬を見る限りは、ラウンドワールドとは根本的な脚力が違うと見えたんで。そのラウンドワールドもタメが効くようになってますから、楽しみですね。


今の時期に決め打つのは危険ですが、このレースは見るレースです。私も購入しません。
スポンサーサイト

八月終了のお知らせ

ついに終わってしまうんですね( ̄◇ ̄;)あ、あたしったら、涙が…出ません(笑)


結局土曜日も競馬できず、今週は大阪に遊びに行くため(友人がカフェ兼居酒屋を出店したため、お祝い)今週もお休みですね。参加できないと思うと、やはり出馬表を見る時間も少なくなります。あんだけお世話になった新潟開催も今週で終了。詳しくはわかりませんが、七月、八月と銀行でお金をおろした記憶がないので間違いなくプラス計上です。最後にやらかした感は否めず、そこから参加してないのだから、復帰戦は慎重にしなくては(笑)

中山は遠いから、あんまり行かない気がします。中山の重賞なんて、皐月賞くらいしか当たらない(笑)でも、そんな苦手じゃないです。あんまりレースに参加しませんけどね(笑)

それでは。

ううっ

当たらない…

ふふふ、でも本来は私はこんなものー(笑)今までが当たりすぎてただけ。見事な逆神っぷりすぎて、我ながらアッパレですわー。外枠は厳しいって言ってた北九州記念は8枠が1・3着。その前のレースの浜中騎手の飛ばしっぷり見て、これはヤバイと購入金額抑えたくらいしかいいとこなかったっす(笑)

札幌記念は太宰騎手が勝ってくれて嬉しかったです。今までの乗り替わりは何だったのか…関係者を見返すような太宰騎手に胸が熱くなり、北九州記念は違う意味で胸が熱く…(;_;)

切れる脚ないからああなるのはわかっていました。10Rのことがあるから余計に追いかけてしまったのでしょう。それにしても、後輩騎手があんなにダックマンに絡んでいくとは思わなかった…やっぱり川田騎手は後輩から嫌われてんですね(笑)

今週は日曜日に予定があるんで、土曜日だけ頑張ります。

それでは。

北九州記念

ここは散々悩みましたが、やはり18頭だて18番に入ってしまったエピセアロームを本命にすることはできません。土曜の500万下で1.7.6が出てしまう今の芝のコンディション。恐らくこのクラスであれば、最初の600mを32秒半ばで入り、全体を1分6秒台で走り抜ける。そうなると当然、どれだけロスなく走れるかが問われてきます。それでも脚力が違うというなら、桜花賞はもっと走れていたはず。陣営がスプリンターだと認めているなら、厩舎の先輩であるアストンマーチャン同様、オークスには出ていなかったはず。

ただ、見ている限り、状態はよく、武騎手への嫌がらせのような状態の悪さは感じません。この馬の好走時を見ていると、自分より外に馬がいる時は伸びあぐねてしまいます。なので、今回の枠はいいように見えますが、恐らく内が止まらな過ぎる。それに、エーシンヴァーゴウが外に張る癖があるので更に外を回らされる可能性もある。武騎手も自ら調教に乗ったり、10Rを乗らなかったりしてこの馬に賭けているのはわかります。でもやはり買えない。これで、エピセアロームが来たら本当に凄いことだと思います。

小倉は平坦コースなので、最初の600mの入りが非常に速い。JRAの1200mのレコードが小倉で記録されているのは、偶然ではないでしょう。

今回出走表を見ていて、エイシンとつく馬が4頭。これを見ているだけで、エイシンさんが本気でここを取りに来ているというのはわかります。この序列をつけるだけでいいのではないかと思っております。昨年このレース2,3着のリジルとヴァーゴウ。リジルは早い時計の決着がいいのでしょう。去年と違うのは騎手。川須騎手ならそこそこ前につけます。エーシンジーラインで小倉の重賞を勝ちましたから、前走よりいいのは間違いありません。ヴァーゴウは前走で本命でしたが、反省の時に言ったようにここで本命というのは出来ない馬です。たまたまだとは思いますが、前回乗った田辺騎手がこの夏小倉を主戦場にしていたのに札幌記念に乗りに行ったことからも、今回この馬を消極的に考えてしまう要因の一つです。

ダックマンは川田騎手に戻りますね。これはいいことでしょう。本命は、何故人気になってるかわかりませんが、ヒットマンが一番いいように思います。枠がいい。1600万を連勝できる馬で55キロ。小倉で浜中騎手。前回CBC賞は、馬体重減が原因でしょう。初めての重賞だったので、やりすぎてしまったのではないでしょうか?間隔を空けたので、今回は修正してくるものと思います。

初めて浜中騎手を重賞で本命にします。

いいレースを期待しております。

新潟8R

7Rのラウンドロビンも注目はしていますが、どうにもオッズが偏りそうなんでここではパスしたいと思います。

8Rここは乗り替わりのラパヌイを狙いたい。日曜はどうにも豪華な布陣の柴田善臣騎手。暑中見舞いですか?(笑)ラパヌイに関しては、500万下を勝つことなくクラス編成になってしまい本当にもったいないなと思っております。浜中騎手が乗り続けていましたが、なかなか結果が出ませんでしたね。彼と合う合わないより、彼が乗り続けていたという事実が重要。裏を返せば、500万下なら勝てると考えていたとも思えます。

どうしたって、性格的に合う合わないは存在します。ここは2000勝騎手である善臣騎手に期待です。

昨日も書きましたが、関西圏でレースをしてきた馬はやはり強いです。順当にスズカセクレターボと二者択一のレースになるのではないかと思っております。

いいレースを期待しております。

新潟1R

今日はここからスタートです。ここは以前から狙っていた馬が出てきます。トミケングランザです。

1200、1400、1600と距離を伸ばしてきた今回。新馬戦は1番人気に支持されてはいましたが、元来はマイルあたりが一番合うのでしょう。ちょっと使いだしが早すぎた感も否めないのは、陣営がデビュー前から新潟2歳Sが目標と語っていたのが影響していると思います。連続騎乗していることからも、松岡騎手もこの馬を評価しているのは間違いなく思います。その松岡騎手が乗らないのは、おそらくクビだと思われます。馬主がマイネルでないなら、松岡騎手を積極的に乗せる理由はない。厩舎としても、期待馬にいつまでも足踏みされていては困る。前回の競馬を見ると、当然の乗り替わりに思えます。私が前走見ていて、松岡騎手以外が乗った時にこの馬は間違いなく走ると思いました。理由はフィーリングなんですが(笑)乗り替わりが彼よりもベテランである方が望ましい。全く今回、全て当てはまり過ぎて怖いくらいです。

じゃあ木幡騎手。この騎手は新潟なら買いです。石橋脩騎手ともども、以前より新潟だけは爆走する不思議な方。宗像厩舎の勝春騎手に次ぐ、主戦騎手です。毎年似たような成績である騎手なのにここまで騎手を続けていられるのは、技術も人柄も良いのでしょう。

あまり中央場所や関西圏で見ない騎手ですが、個人的には信頼性のある騎手です。

いいレースを期待しております。

おはようございます

五時に起きてしまったのは気合の現れでしょうか?最近は休みでも関係なく早く起きてしまいますね。やたら寝る先輩が居て、休みの日は10時間は寝るって言ってました(笑)「よくそんなに眠れますね?」って聞いたら、「それは体力があるからだよ」って自信満々に答えてくれました(笑)


なんか違う気がしますが、昨日の事を反省しつつ今日も頑張ろうと思います。

オワタ

あー私オワットル(;_;)

餃子食べて切り替えよう。ダメだ、下手過ぎ。

月岡温泉特別

何だかなぁ。仕方ないっちゃ仕方ないんだが、付け焼刃予想なんか晒すんじゃなかった(笑)って笑えねーや!

もうあとは月岡温泉特別しかない。ここは豊栄特別の再戦ですね。0.1の中で差のない2ー4着の馬がハンデ戦で0.5を分け合った形。3.4着の馬は休養明けでしたので、この二頭の取捨選択ですね。キッズニゴウハンとコスモソーンパーク。武士沢騎手から松岡騎手に鞍上は強化されたように見えます。マイネルお得意の勝てそうになると、松岡騎手か柴田大騎手へ変更ってやつです。マイネルさんは、どうにも勝負気配が読みにくいんですよね。ここが勝負ということはないでしょう。すると、序列としてはキッズニゴウハン。前走、休み明けとしてはいい競馬でしたね。追い出しが遅れたように、脚は甘してます。馬券を買ってる方はイラっとしちゃったと思いますが、全て一生懸命走ったら次にお釣りは残りません。そんなに速くは流れなそうですので、1枠もいいですね。先週の北村騎手のような競馬を期待します。

何故、2着のカネトシディオスを押さないのか?個人的な見解ですが今の岩田騎手は、ちょっとオカシイのと(500万下のレース後、意味不明にウィニングラン、入線後、三浦騎手と見ら目っこ)、元々は代打一発目だけで結果を出している騎手なので、今回は人気だけ吸って行くと思っております。基本的には二回目の方が結果はいいものなんですが、彼だけは何故か一発目の方がいい。前回後ろから直線だけで強引に伸ばしてきたのが、今回生きるかどうか。私は悪い方に作用すると思っています。それに状態も、6月から4戦目では前回以上はないでしょう。

クリーンエコロジーに関しても、直線まで我慢がきくかどうか。それと、前回発動した蛯名スペシャル。不安はあります。1200なら、買えるんですがね。この馬の場合は自爆(かかり癖)があるのを忘れちゃいけないでしょう。そういう意味では、前走で折り合えたのは今回人気している理由でしょうね。ただ、内回りと外回りではペースが違いすぎる。そう考えると、キッズニゴウハンになります。

この夏何度かお世話になっている田中勝春騎手。恐らく私の本命馬に最多騎乗ではないのでしょうか?騎手人気しないから、とても買いやすいです。

いいレースを期待しております。

新潟7R

今日はここからスタートしたいと思います。
今更3歳未勝利戦って思いますよねー。私だって思いますよ(笑)でもね、このレースくらいしかないんですよ。そのくらい、リターンの信用性に乏しいメンバーだらけの一日です。やはり、新潟だけでは限界が。。。(笑)


ってだったら、買わなくていいでしょ、強制されるものではないし←もう一人の私の声(笑)


ので、このレース。中山開催からは未勝利、500万下は所属地域(美浦の所属なら関東の競馬場)のみの出走制限が出てきます。なので、単純に考えれば現在の関西圏からの遠征はなかなかに勝負がかりなわけです。今回のメンバーでは
ソードブレイカー、ショウナンバッカスがそれに当たりますね。どちらも地方出身騎手を乗せてきましたから、お膳立てとしては人気になって当たり前でしょうね。

未勝利戦は基本的には時期が遅くなればなるほど、レベルは落ちます。ある一定のレベルまでは競馬は勝ち抜け戦なので、勝ち上がれなければ負けた馬同士の戦いになります。休養理由はあろうが、元々の期待値の高い馬が居ます。サトノフロンティアです。新馬は一番人気でしたが、初戦は凍結防止剤の影響もあろうが時計は遅かったですね。でも、メンバーはなかなかに高かったと思います。

関西圏で競馬していた二頭が相手ですので、なかなかに大変ではあると思います。ですが能力自体は抜けいると思います。最近どうしたもんかの蛯名騎手ですが、ここは国枝先生とのコンビですので頑張って頂きたいなと思います。

いいレースを期待しております。

さて今週も

言い訳は月曜日にできるように、頑張って予想します(笑)

土曜日は午前中に予定があるので、午後から参戦します。今週はあくまで勝負は日曜日。札幌記念は一切触れません!以前にお伝えしたエピセアロームも楽しみですね。武豊騎手が乗るから仕上げないなんて言われています。これは残念ながら、事実です。

でも、と思います。

でも。。。(T . T)

ここはこの馬にとって、今後の全てにおいてたたき台に過ぎない。それは事実。だから調教師も、馬主も責められない。

これは最初からの言い訳ではないです。でも、気になる馬がいるのは事実です。


何が言いたいか。匿名であるがゆえ、面と向かって言えないような罵詈雑言を浴びせる方々が多すぎる。事実かどうかよりも、それに対して相手がどう思うか、自分が言われてどういう気持ちになるか考えられない人間が多すぎる。せめて、ここを見ていられる方にはそういう人にはなって欲しくない。

とわ言いますが、私も大層な人間ではありません。感情的になってしまう時には、時間を置いて書いたりします。そう、これはあくまで自分への戒めです(笑)

今日まで休みですぅ~

さすがに今日は一日マッタリ。お休み最終日ですから。でも明日出勤して、また休み(笑)何だか申し訳ない気持ちですよ(笑)

昨日新宿の墓参り行ったら、「東京は旧暦なんで、大体皆さん7月に見えられますよ」………………………………………………………って知らねーよΣ(・□・;)

さて今日はショッピングしてきましょうかね~。パンツを買いたいなぁ~。

それでは。

今日は墓参りでしょ

どうしてうちの母方の墓は新宿なんかにあるんだろう。そんなにいい家系でもないんだが。。。電車でいくか、車でいくか悩みますな。

父方の墓は九州。何年か前に行ったら、途轍もないデカさで驚いた。うちだけがデカイわけでなく、満遍なくみんなでかかった(笑)年に何度も参るわけじゃないので、今日くらいは手を合わせに行こうと思います。

結局言ってしまえばトントンでした

昨日の馬券収支です。つまりプラス10000以上でないと負けだと言い張る私は、悶々としている訳です(笑)でも、昨日のレースは本当に見ごたえがありましたね。挙げた6頭中、1~4,6着でほぼパーフェクト。本命馬が勝たないことには胸を張れませんけどね(笑)

北村宏騎手と内田騎手の叩きあい。凄まじいものでした。どちらも本気で勝ちにいってた。だからでしょうね。内田騎手に関して、どうなのだろうと懐疑的に書いてしまいましたが、いあいあ今回は素晴らしかった。ドナウブルー自身の体質も強くなってきたのでしょうね。外にいく素振りは見られませんでした。本命にした北村騎手も一度は前に出ていました。でも、こうなればいいなあと頭に描いていた通りの展開。考えていたよりもドナウブルーがしっかりしていたのが予想外でしたけどね。負けはしたけど、何だか清々しい気分であったのは言うまでもありません。それくらい凄い叩きあいでした。

それでも、終わった直後は悔しかった。でもそれ以上に北村騎手の方が悔しいだろうなと思ったら、清々しい気持ちになれました(笑)案の定、ラジオNIKKEIさんのコメントで開口一番「悔しいです」と言ってましたね(笑)

さて、今週は札幌記念と北九州記念がありますね。札幌記念は見るレースで、北九州記念は賭けるレースになりそうです。いつまでも新潟にばかり引きこもりしてられないですよ(笑)

それでは。

よくもあり、悪くもあり

昨日は2戦して2着と4着。騎手の癖を掴んでレース展開を組み立てているので、4着の池添騎手に落胆はありません。大きいところをたくさん勝っていますし、三冠騎手でありますが、私は彼に大きな期待はしておりません。本命にした、私が馬鹿だった。そういう気持ちで受け止めています。

反省としては勝ったランバスインベガスの評価や思惑を誤っていたなと感じました。前回の騒動で勝手に人気が急騰してしまうと思っていた。蓋を開けてみれば、そのレースで4着だったインプレザリオが2番人気、2着であったはずのランバスが3番人気。普通ならランバスから買うのがセオリー。だいたいにして小島茂調教師が、運営元であるJRAと今独占状態にある社台に向かっていくという事の理由の認識が甘かった。マスコミを通じても、自身のブログでも、小島茂調教師を突き動かした最大の理由は

「こんな審議の結果では、馬券を買っていたファンに説明がつかない」

私も知らなかったのですが、小島茂調教師は一口馬主をやってられ、競馬社会に入ってきたとのこと。1競馬ファンからスタートしたから、2着と3着の違いをわかってらっしゃる。つまり、馬券が多様化した今のほうがより大事なんだということもわかっている。だからより、復帰戦は大事だとわかっていたのではないか?よくも悪くも注目されていたからこそ、不様なことは出来ない。前回以上の仕上げであることは間違いない。この動機付けまで追えないところが甘い。このモチベーションは、騎手に、また馬に伝わる。このレースは私自身が、サトノジュピターに関して盲目的になりすぎていたと反省しております。自分をコントロールするという当たり前のことが出来なかった。気をつけてはいたんですが、甘かったですね。

エーシンリターンズに関しては、後ほど。

こんなに時間かけるなら買わなくてもいいっちゃいい

まぁなんだかんだと書きましたが、結論は決まっているんです。ただ、納得させられる理由を、言葉を探しているということなんですね。

先に上げた6頭、明らかに人気がおかしい馬がいますね。人気は気にしないと言う騎手はいますが、気にしても仕方ないというのが本音でしょうね。でも、気にしていると思います。じゃなかったら、一番人気が必ずと言っていいほど外を回して安全運転なわけがありません。馬群三列目の内にいるなんて、見ますか?後方の内にいるのを見ますか?絶対に気にしています。だからステマでも、人気になるということは距離として余計に走ることは明白。つまりプレッシャーは足を引っ張る。そこを突けるかどうかが、馬券の肝と言ってもいいでしょう。闇雲に人気あるから危険というのとは違います。そこは勘違いしてると痛い目にあいます。

明らかに人気のおかしい馬、悪い意味なのはマイネルイサベルとシルクアーネスト。いい意味なのはスマイルジャックとスピリタス。これからオッズは動くでしょう。でも、今の時点で消します。と言うか、これからオッズは見ません(笑)買う人間が気にすると邪念しか浮かばないですから。

ドナウブルーについて考えましょうか。この馬が何故ここまできたか?そもそも、何故格上挑戦ばかりしていたのか?

理由は簡単。陣営としては重賞を勝てる馬だと踏んでいた。しかし日本人には乗りこなせなかった(語弊があるようだが、外人騎手が優れているのは勝ちたいという意志と長い手足で馬とのコンタクトを取ることだと思っています。それがダメな馬もいるし、そもそも技術のない連中もなかには紛れ込んでいる。当たり前のようだが外人騎手が全能ではない)。でわ内田騎手。どうなんでしょうか?

結論を言いますと、エーシンリターンズです。前回は馬場が合わないから全く考えもしませんでした。体重増を理由にしていますが、元々輸送で減りすぎてしまってた馬。逆に言えば体質が強化されたということ。前回積極的に買う理由がなかった馬ですので、見直す必要はありませんね。一叩きされた、そう思っております。この馬が魅力に映るのは、鞍上が北村宏騎手に代わったこともあります。この馬の一番のパフォーマンスはメイsとユートピアs。戸崎騎手、後藤騎手の時です。二人とも、ソーロー騎乗が多いですね。かく言う北村宏騎手も早目の仕掛け。今夏の新潟で何故彼が上位にいるかと言えば、その仕掛けの早さで粘りこんでいる。そのくらい、ペースが遅くて尚且つ平坦だから止まらないのが新潟です。逃げなくてもいいので、内枠の理を活かせるような早目の競馬をして欲しい。そういう思いで本命にします。

長くなりましたが、なかなか自分を納得させるのに時間がかかりました。つまりこじつけに他ならない予想ということです(笑)

それでも、いいレースを期待しております。




関屋記念

マイル路線は相変わらずの難しさですね。今年から始まったサマーマイル。一戦目である中京記念からの参戦、最先着は5着ゴールスキー。上位馬は揃って回避。こういうのが、更に難しくしますよね。

私もその煽りを受けました。トライアンフマーチでいいのかと思ったら、回避。じゃあまたミッキードリームでいいかと思ったら、回避。ふざけるなと言いたい(笑)

このレース、牝馬の成績が悪いとのデータがありますね。私はデータは歴史みたいなものだと思っていますので、軽く触るだけで、昔を懐かしむくらいのものだと思っています。このデータは、去年までなら通用するものです。でも今年はどうかといえば、そんな事もないでしょう。元々有力牝馬はクイーンsにいくのが当たり前です。北海道と新潟なら、暑さが全然違う。そもそも、以前と今年では牝馬の参加の分母が違いすぎる。それは図らずも、サマーマイルが新設されたからに他ならない。

と思い、ここまで絞りました。

エーシンリターンズ
スマイルジャック
マイネルイサベル
スピリタス
シルクアーネスト
ドナウブルー

さて、ここからの作業が難しい。どの馬もアリバイもないが動機はある感じの容疑者です(笑)ヤバイ、私もう一時間も画面見て悩んでる(笑)とりあえずこれはこれでうpしましょうかね(笑)

新潟9R出雲崎特別

500万下の芝1800mですね。ここは疑惑の審議として名高いレースの被害馬が出走します。ランパスインベガスですが、決勝戦手前で勝ち馬であるファイナルフォームの斜行を受け、脚色的には2着はあったものが3着で入線という結果で、加害馬に降着なしという結果になり大変物議を醸しました。これについては色んなところで語られていますので、そちらを参考にしてください(笑)

まあ、話題のなったランパスインベガスの復帰戦となるわけで、色んな馬券も入るでしょうね。心情馬券とでもいいますか。

しかし、私は今回その加害馬の調教師である堀厩舎が送り込むサトノジュピターでいこうと思います。これは、どの条件で復帰しても福永騎手以外だったら勝負になると思っていた馬です。たまたまではありますが、この馬の出走したレース全てを現地観戦しました。そして前走、初めて本命にしました。理由は様々あります。一番大きかったのは、当時リーディング騎手である福永騎手です。当日は京都競馬場で天皇賞春があり、阪神大賞典勝ち馬ギュスターヴクライ、香港のルーラーシップとお手馬と言っていい馬の出走があるにも関わらず、東京競馬場のオークストライアルであるスイートピーsに乗っていました。まずこれは変だと思いました。その週中には桜花賞で1番人気だったジョワドヴィーヴルが故障したという報道がありました。これを合わせると、オークスへの乗り馬確保の為に来たと考えても不思議ではありません。つまり目の前のG1のチャンスよりも、この馬のオークス制覇の方が現実味がある、そう思ったのではないかと考えました。

しかし結果は出遅れて、前残り競馬で追い込み届かず3着。何の工夫もなく。

福永騎手がどこまでこの馬に対して考えていたのかはわかりませんが、陣営の起用を考えれば最下級条件である今回、取りこぼす事など考えてはいないでしょう。間違いなくオークスに出す事を考えていた、そういう馬だと思います。

池添騎手というのが意外でした。不安があるとすればここでしょうか。

先に挙げたランバスと、インプレザリオの2頭が強敵なのは間違いありませんが、どうにも勝ちあぐねている2頭。付け入る隙はあるでしょう。

いいレースを期待します。

競馬休んでよかった

久々に全てのレースをケンすることができて、色々な用事を済ませることができました。予想はある程度は絞り込んでいたのですが、最後の部分で集中力が切れてしまいました。理由は、「チャーリーとチョコレート工場」を見てしまったからです。この映画、昔付き合っていた彼女が好きだったものです。正直、ハリウッド映画とかディズニー映画は文化の違いに戸惑ってしまうので、よくわかりません(かと言って、北野武監督のようなヤクザ映画もよくわかりません)。残念ながら、改めて見てみてもやはり何がいいのかわかりませんでした。だから別れてしまったのかなと考えていたら、競馬の予想なんて馬鹿らしくなってきました。今でも引きずっているわけではないので、あしからず(笑)

今週はどこか集中力に欠けていると自分でも感じていました。今週行われるレースのメンバー云々ではなく、やはり先週ナムラビクターで金額を大きく張ってしまったのも影響しています。私が走るわけではないので、肉体的に疲れることはないんですが、精神的に疲れてしまいます。予想の組み立て云々よりも、そのお金で何ができるか?そんなことばかり考え、それを論理的に振り払うことが疲れます。

ですが、明日はまた勝ちたいです。今はそういう気持ちが復活しております。相変わらず新潟オンリーになってしまいますが、9Rと11Rについて考えていきたいと思います。


明日は競馬お休みします

日曜日はやりますので。申し訳ないが明日はお休みさせてください。

ってまるで会社に言うみたいな感じ(笑)

TPOってゆうか、空気ってゆうか

TPOって言葉は接客の仕事をしている人間なら誰でも知っていると思いますし、あえて言うなら空気感っていうのはゆとりの方々も知っていると思います。そう、特に公共の場における振る舞いというのは、特に誰に教わるわけでもないのにいつのまにか覚えていくものです。かく言う私も、形式上は営業職です。人がいて商売が成り立つ。相手に嫌われることを望まない人種です。

今日の帰りの電車で、20前後のカップルが居ました。私も立っていましたし、二人はドアにもたれるようにしゃべっていました。見るともなしに視界に入り(車内は混んでいた)、だんだん二人の距離は唇と唇があと10cmまで・・・(笑)ぁぁ、ついには重ねちゃったよ!何度も!しかも女の方と眼が合っちゃったよ!しかも何度も(キャー)!私、思わず笑っちゃいました!

容姿云々を言うわけではないけど、普段ならあまり目に留まらないような二人。満員電車で身体の向きを変えられない私は見せつけられているような感覚。「あれ?朝占いで最下位だったけど、これはこれで何の罰ゲームかしら?関係ないよね?関係ないよね?」と思ってしまいました(笑)

TPOって皆あんまり知らないのかな?ゆとりだからかな?勝手にイチャつくのは構いませんけど、場所選ばないのかよ(笑)電車って(笑)あのね、自分が特別だとか思ってるのは勝手だけど、サラリーマン(今は女性もこう呼んでいいと思う)は疲れてんだよ!美男美女のラブシーン以外はNGだってのがわからんのか?(笑)

と、怒りで色々考えているうちに、奴らは下車。いつもの帰り道も、何だかイライラしながら歩く、今日の私でした。

それでは。

嬉しかったですね。

先週は4戦3勝2着1回。ほぼパーフェクトでしたね。しかし、一番力入れたとこで負けるというのが(笑)修行が足りないなぁ(T . T)でもそんなレパードsも、突き放されたところからナムラビクターが追い詰めた時は嬉しかったですね。勝ち馬であるホッコータルマエが1頭になったところで遊んでいたのはわかってたんですが、追い詰める姿は嬉しく思いました。結果的に悩んでいた2頭で決まりましたね。最後の決め手が和田騎手だったので、意外に思われるかもしれませんが後悔はないです。スタートして直ぐに内に入れたことは、なかなか出来ないです。ナムラビクターと和田騎手、いいもの見せてくれてありがとうございました。

今週は関屋記念がありますね。新潟も、重賞レベルまでくると難しい。正直、先週ほどの期待は出来ません。

それでは。

レパードs

各馬の前走の3,4角通過順位だけを見ていると、とっても流れが速くなりそうなメンバーに見え、差し馬有利に見えますね。でもはっきり言ってそんなふうにはならないと思います。逃げたいと思っている陣営よりも、砂を被らない位置で競馬をしたいと思っている陣営ばかりです。流れは激流にはならず、平均的に流れると思います。これだけイジゲンが売れるのは、差し馬有利の流れになるそう思っている方々が多いのか、はたまた派手な勝ち方に魅かれてしまったのか。

前回もふれたかとは思いますが、イジゲンは前走も番手競馬をする気満々でした。ただ、隣の馬がイジゲン側にヨレてしまいゲートを出て馬が一瞬怯んでしまった為あの位置取りになってしまった。基本的にはゲートは下手ではないでしょう。今回はある程度の位置を取りに行きたい。ただ、絶対に逃げたくない。それが内田騎手の本音な気がしています。内枠なんで、2列目のインで競馬が理想でしょう。でも、今の内田騎手では半端な形になるでしょう。不安しかありません。

おそらくイジゲンが逃げたら勝ちます。

でもそんな競馬にはならないので、私はナムラビクターからいきたいと思います。ピンク帽子というのがなんとも嫌ではありますが、ゲートからの2歩目までが遅いので内枠よりはいいでしょう。この馬にした最大の理由は、キツイペースの時に先行し続けたことでしょうね。何度か本命にしていますが、古馬1000万下でマクリ馬がマクリきれないようなペースで先行して好勝負してきたのは、この馬くらいでしょう。他に1000万下を勝ってきた馬達は、上がり競馬ばかりです。示した底力が違います。

ホッコータルマエもいいなと思いましたが、小倉で着実に勝ち星をあげている和田騎手がわざわざ来ることを考えるとナムラビクターに落ち着きました。

単勝1万、複勝2万握りしめて応援します。これは久々の大勝負です。

いいレースを期待します。

美しいものはいいですね

札幌日経オープンでルルーシュが勝利しました。2600mの距離、さらにはかかる仕草を見せる馬でしたので、メンバーは低かったものの自滅競馬になるのではないかと危惧していました。

しかし横山典騎手はしっかり折り合い、直線で突き放すレースをしました。北斗の拳のユダじゃありませんが、それを見た私は「おお、美しい・・・」と唸ってしまいました(笑)特に北海道に行ってから、バカンスみたいな雰囲気で競馬してんじゃねえのか?と勘繰りたくなるくらいやる気を見せていなかった横山騎手。久々にやる気をだしたのでしょうね(笑)やはり彼のフォームや判断は見る者を唸らせます。

どうにも、競馬学校卒業の40歳台ベテラン騎手はここのところ馬集めに躍起になっているという印象がありません(武騎手を除く)。後進に道を譲るような、そんな印象もあります。残念で仕方ないですが、決して彼らの技術が劣っているとか勝利への貪欲さに欠けているという訳でもないと思います。彼らベテランは馬をまっすぐ走らせ、負荷をかけない。言うならば美しく勝つ。

誰でも美しいものには魅かれるでしょう。もっともっと見たい、私のささやかな願望です。

飯豊特別

今さらにはなってしまいますが、直前の気配まで見て購入した三面川特別。挙げた2頭は1,3着。買い方が単勝:複勝1:2ですので、おおよそ軍資金は3倍になったはずです。オッズ解説を入れておいたので、どちらを購入したかは明白なはずです。久々に松岡騎手のイン突きを見れてホッとしました。やはり彼にはこの競馬が似合います。

本来はケンして過ごすレースなのでしょうが、飯豊特別は不思議な馬がいますね。ゴーハンティング。1600~1800で3勝をあげている馬です。前走1.3秒の負けの後、間隔を空けて左回り新潟。前走に敗因を求めるなら馬場が悪いということ。だから水はけのいい新潟を選んだ。では何故1200mなんだ?疑問はそこです。

間隔が開いている馬は元来叩き台レースがあります。しかし、それは1ハロン(200m)長かったり同じ条件であったりするものです。この馬の実績を考えると、これはいくらなんでも短い。では何なんだ?1200mを使うっていうのは、ペースが速くなりすぎてしまう為(ペースに慣れる)、距離を延ばして使いたい馬だと敬遠したがる距離です。それを使うということは、これは叩きではない。逆説的に考えれば、勝負ではないかと。

この厩舎には以前キンシャサノキセキというとてつもなくかかり癖のある馬がいました。でも、なかなかペースの速くなる1200mを使いませんでした。本来の能力は1600にあったものの、前向きすぎる気性から1600は長すぎた馬です。ゴーハンティングはそこまで前向きすぎるかは疑問ですが、思った以上に勝負気配が漂うのです。

堀厩舎の今週の目玉は、その後のレパードsイジゲンではなかろうかと思いますが、この馬にも勝算はあるのでしょう。ゴールデンムーンは背負いすぎた感じはありますが、このメンバーなら何とかしたい。それが本音でしょう。こちらも勝負気配がします。

三面川特別

最初にメンバーを見た時はラスヴェンチュラスで大丈夫かなと思っていました。
ただ、なんか人気になりすぎていますね。秋華賞出走への期待値も加味されているんじゃないかとも思っています。ちょっとリターンの割にはリスキーだなという印象です。*7:10現在単勝2.4倍。

この馬の脚力、新潟への適正は疑うことはありません。ただ、冷静に考えれば昇級初戦で、前走よりもメンバーの質も上がります。それなのに前走より(前走は2.9倍)も単勝オッズが低いのは、やはりおかしい。時間とともにオッズは変わりますが、一つ警笛を鳴らしておきます。

では、追随するのはどの馬か?ゴールデングローブでしょうね。以前より伝えているように鞍上に大いに不安はあります。先週のNST賞のシルクアーネストの騎乗は、馬券を買っている方なら殺意を抱くような内容でしたね。私は松岡騎手が乗るというだけで、初めからバッサリ切ることができました。ただ、思っていた以上に酷い騎乗でしたが(笑)鞍上はさておき、ゴールデングローブは不思議な馬で500万下を3勝もしています。騎手はそれぞれ藤岡康太、松山、高倉騎手。若い騎手ばかりですね。新潟も、というより左回りと平坦コースが合うのでしょう。勝負の気配がします。ここは松岡騎手に期待したくなりますね。

ちょっと直前の気配までみてみたいので、この2頭を両天秤にかけています。

いいレースを期待したいですね。

不思議なんですが

このブログの順位を見ていると、金曜から上がり月曜にピークを迎える。
とは言っても競馬関係で200位くらいですが(笑)

競馬で面白いのはレースを真摯に考えることと、その反省。この事を考えれば、当たり前のことなんでしょうね。

私、答え合わせ(レースの時)は結構興奮しているのですが、ほぼ無言です。ちなみに私は応援の時も、「差せ!」や「そのまま!」なんて言いません。「頑張れ!」と言います。オリンピックを思い浮かべてください。誰も「差せ!」なんて言ってないでしょう(笑)カレンブラックヒルのNHKマイルの時は、「秋山男になれ!」と言っていました。競馬場でそんな事叫んでたの私だけだったと思いますよ(笑)

レースは馬にとっても晴れ舞台と言っていいものです。「○○頑張れ!」と言ってあげれば、その気持ちは馬にも伝わるかもしれません。少なくとも、「差せ!」よりかは(笑)

新潟2R

2歳未勝利戦です。芝外回りの1600m。この条件は評判の高い馬が揃います。
私もこの条件は単純に能力比較だけで済むので、予想しやすいです。
展開による紛れは少なく、トラックバイアスも少ない。東京なんか、ひどいもんです(笑)

ここで注目しているのはセキショウとロードシュプリーム。
初戦のロードシュプリームは田辺騎手がなだめてなだめて、いざ最後の直線では内にモタレてしまってうまく騎手との疎通ができていなかったですね。もったいないと言えばそうでしょうが、全然仕上がっていなかったのを考えれば思った以上にいい馬だったのでしょう。蛯名騎手に替わることがこの馬にとってプラスになるかは微妙ではありますが、一般的に見れば鞍上強化と言えますね。期待しております。

セキショウはいい馬です。ただ、やはり血統を見ているとダートの方が良さそう。今回はロードシュプリームから馬券はいきます。セキショウという馬は必ず狙えます。覚えておいて損はないでしょう。

いいレースを期待しております。

おはようございます

私は東武東上線を使っているんですが、人身事故の影響で足止めです。もう一時間半も。。。お尻が痛くなってきました。

朝の五分は他の五分とは重要さが違うように思うのですが、頭が働いてないのも大きいのでしょうね。毎日七時過ぎには家を出ていますので、六時には起きています。何だか知りませんが休みの日もそれは変わりませんね(笑)

ところで明日は競馬がありますね。昨日は最近BSプレミアムで放送している(とは言っても、次の日曜日の放送で終わり)シャーロックホームズをネットで見ていました。BBCで制作されたもので、ドラマです。映画とはシャドウゲームとは違うキャストですので、また違った面白さがあります。というわけで、木曜出馬確定からはほとんど何もしていないというわけです(笑)

さて、電車が動き出して会社に着くまで、競馬の事を考えていたいと思います。

それでは。

プロフィール

GMポテト

Author:GMポテト
今年こそガリガリ君で当たりを出したい!

2012年11月13日より禁煙スタート。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。