スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝込んでいました

死んだと思っていた方、残念でした。2泊3日の三途の川弾丸ツアーに行って来ました。熱が40度を超えました。流行先取りでインフルエンザかと思いましたが、違いました。扁桃腺が腫れてしまったようです。

とっくにジャパンカップを振り返るような雰囲気でもなかったのですが、岩田騎手って素行がおかしいですね。ウィニングランで「芝コースにくるな」という素振りで追い払い、意味不明なガッツポーズをかましまくって審議の対象と知るや神妙になる。テレビの中継見ていて、検量室前で急に神妙になって「え?気づいてなかっただけなの?」って思ったのは私だけでしょうか?ヨシトミ騎手、武騎手とまともなインタビューを2週に渡ってみてきたせいか、岩田騎手のは何言ってんのかわからなかった。今回だけじゃなく、毎回お茶の間が凍りついてますからね。JRAも気を利かせて通訳つけたほうがいいと思う。割とマジメに。

その岩田騎手が騎乗停止。1番人気濃厚なローマンレジェンドにはデムーロ騎手。この夏からまた状態が上がってきたエスポワールシチーには武豊騎手。外国馬なんか居なくても十分楽しめるっす。

あー、また予想外してたか。

それでわ。

スポンサーサイト

ジャパンカップ

もう馬券なんか買わなくてもいいのでわ無いかと思い始めている。しかし、今日は凄まじい欲求が支配した。

「生で見てぇ」

しかし耐えた。行けば買ってしまう。タバコをやめた最初の頃のような欲求に苦しめられた。今私は家に居る。ジャパンカップ云々より、ダービーとジャパンカップの日は独特の雰囲気。居るだけでワクワクする。そしてなぜかスーツで行ってしまう。

ところで買うとしたら。ルーラーシップ一択。どうにも池添は気に食わない。そんなにイキらなくても結果はでる。そのくらいオルフェは図抜けている。「僕が。僕が。」と騒がなくていい。

普通に考えれば勝つのはオルフェ。大外だとか関係なし。あとは抑え込み過ぎないことだろう。でも、ルーラーシップが加齢とともにどんどん強くなっている。今回もウィリアムズ。一番この馬に合っている。オルフェが一番強いとは思うが、強い馬が必ずしも勝つわけではない。

あとはダークシャドウ。天皇賞の福永騎手にはほとほと呆れた。このくらいの距離延長はなんとかなる。デムーロなら勝負に出る。

この二頭とオルフェの馬連ボックスを買いたかった。

それでわ。

敏感肌

私は慢性鼻炎で敏感肌。まあ良くお肌は荒れている。世紀末の田畑くらい荒れている。しかもどうしたものか、髭が濃いめ。そう。毎日、カミソリって野郎に惨敗している。完膚なきまでに負けている。今sickの5枚刃を使っているが、二日に一遍は血が出る。私にとってそういう日は「男の子の日」と呼んでいる。

恐らくこういうのは家系なのだろう。よくよく考えてみれば、親父もよく血を出していた。むしろ当たり前なんじゃないかと思っていた時期も、確かにありました。解決策は、電気シェーバーに鞍替えすることな気がする。しかし、あれは「おっさんのマストアイテム」な気がしてイマイチ踏み込めない。しかし、二日に一度は鼻のしたから血を流す自分はヒドく情けない。そして毎日鼻の下には鼻水が垂れている。コンビニと同様年中無休だ。

ジャパンカップを当てて、電気シェーバーを買おう。だったら、給料で買えばいいじゃないか?それじゃあつまらない。やる気を出させるのだ。人参をぶら下げてやるのだ。

ジャパンカップ当てる⇒電気シェーバー購入⇒血が出ない生活

ジャパンカップ外れる⇒二日に一度は血が出る⇒いずれはブッチャーの額みたいになる

当てるしかねーな!

それでわ。

何故この時間に?

それは勤務中にブログを書いているという事です。しかしながら最近コンスタントに記事を書いている。これもタバコを卒業したのが影響しているのかもしれません。あと、記事に()付の感情を出さないようにした。なにせ、仕事中にタブ開いて打ち込んでいるのだ。電話が鳴るたびにビクつく。ちなみに隣の上司は確実に気づいている。でも仕事していないわけではないので何も言わない。そらそうだ。彼も暇さえあればネット見ている。暗黙のってやつだろう。

私なんか文字だけの記事だが、他の方なんか写真付きで彩り豊か。一体1記事書くのにどのくらいの時間がかかるのか。ちなみに私は平均20-30分くらい。それでも結構かかる。G1の時とか、いかにも頑張った系の記事の時は普通に1時間以上2時間未満かかっている。それであのクオリティなのだから、自分の文才に今後とも期待するものはない。

気になる。一体皆さんがどの位時間を費やしているのか。

それでわ。

ブレスケア万歳

タバコを卒業してからというもの、匂いにも敏感になっている。というか、見えない分気を使わなくてはいけない。相手によって敬語を使いわけるように、不快な臭いをさせないのも当然である。しかし、決定的に本人が気づき辛いのが臭い。周りが不快なだけなのが臭い。

ワキガ、加齢臭、口臭とある。どれが辛いって、どれも辛い。本当にやめて欲しい。先日、「口が臭い」奴と三時間仕事で車に同席した。もう、喋りたくなかったが、仕事の打ち合わせも兼ねてましたから。でもね、ちょっと目にくるくらい臭かった。昼食食べたら緩和されるだろと思っていました。甘くないですね。午後もきっちり口からウンコの香りがしました。同じもの食べたはずなんですけどね。ガム差し出したら、遠慮されました。もう、ワケがわからなったです。

誰かが教えてあげなきゃ、きっと本人はあのままなのでしょう。勇気を持つことで道は開ける。しかしヘタレな私は吐き気に耐えることしかできなかった。えづかないよう頑張っていたので、伝わらなかったでしょう。いいか悪いかわかりません、私のようなヘタレに出来ることなどあの香りの前でわ、皆無でしょう。

それでわ。

雨男だとか雨女だとか呼ばれると、結構ブルーになる。

23日は赤い日ですね。祝日ってやつです。競馬はあるのかしら?でも何が気になるって、天気が気になる。

金曜日は最近仲良くなった女性がいまして、その方と食事する約束をしています。今まで2回会っていますが、全て雨。チャゲ&飛鳥は素晴らしいと思うが、始まりはいつも雨である必要はない。むしろ、天然パーマな私としては困る。あと、靴下が濡れるのはもっと困る。あの感覚は本当に嫌い。

昨日のニュースで1週間天気予報を見て、金曜だけに傘マークがあった。

「なんだ?この祝福されていない感じは・・・」

どちらがどっちという訳ではないのだろう。ただ、確実に雨男や雨女なる妖怪みたいな人種は存在する。今回はコラボによって雨雲を呼んでいるのか?相手も薄々毎回登場する雨雲の存在に気づき始めている。僕らの会う日ばかり、さっぱり天高くない。

てるてる坊主を作ります。カラスさえも近づかないような威圧的なてるてる坊主を作って、お願いをしようかと思います。

そういえば、小学校の低学年の頃の同級生の斉藤君が言ってました。

斉藤君「GM君。雨は神様の涙なんだって。悲しいことが沢山あるんだね。」

GM「マジか!じゃあ雪は神様のフケか鼻くそのどっちかだね!」

斉藤君「・・・」

それでわ。



先週もきっちり仕事をしたわけだが

直前で予想を変更。ダコールは3着。アスカクリチャンはきっちり馬群に沈んだ。ファイナルフォームは出遅れ、最後の直線で不利を受けた。

僕は知らず知らずなんか悪いことしたんだろう。そうとしか思えない。いい加減、許してはくれないか。

そんな中、武豊騎手が2年ぶりにG1を勝った。いつものスマートな騎乗ではなく馬群をこじ開け、文字通り「もぎ取った」。様々な方が書いていると思うので割愛しますが、エリザベス女王杯の柴田善臣騎手といい今回の武騎手の勝利といい、馬券関係なく喜べるのは何故でしょうか。土曜には東京スポーツ杯で藤沢厩舎の1,2着。まったく、競馬を始めたころのような結果が並んで、嬉しくなっちゃいました。それは私だけではないと思います。マイルCSのゴール後、競馬場全体がホッとしたような感じがしました。

派手なガッツポーズも、猿芝居もいらない。

後味は悪くなってしまいましたが、いいものを見れました。本当にそう思います。

それでわ。

訂正

福島記念

◎アスカクリチャン

ちょっと雑になりますが

マイルチャンピオンシップ

◎ファイナルフォーム

福島記念

◎ダコール

呪い完了!この二頭は馬券購入予定。

いいレースを期待しております。

脱ニコチンプロジェクト6日目

もう、伝えることもない。金曜、土曜と親しい友人とお酒の席をもった。当然吸わなかったし、吸いたいとも思わなかった。喫煙に興味がなくなった。まだ一週間も経ってないが、これにて報告終了。あとは思い出したように書くだけ。今となっては、どうして喫煙なんかしていたのか。と思う。

今日は競馬場に行こうかと思っています。昨日までの雨が嘘みたいに晴れ渡っています。これは公園気分で行くしかないよな。

それでわ。

脱ニコチンプロジェクト5日目

もうスッカリ毒気が抜けて参りました。浄化という言葉を体現中でございます。

昨日の記事にコメントがついていました。禁煙推進の私も欲求がきたら深呼吸してみようと思います。知恵を分けてくださり、ありがとうございます。こういったアイディア、ウェルカムです。門戸を開けっ放しにしときますので、ドンドン教えてください。

まだ五日しか経ってないのに、もう心境は禁煙のベテラン。味覚が鋭くなってきた。特に今まで同じ珈琲を飲んでいたはずなのに、その香りの深さに驚いている。これで慢性鼻炎も治らないかな。メリットはまだまだ続く。

メシがうまい。マジで食べ過ぎている。この欲求にブレーキをかけることが出来ない。これはまた情けない話です。タバコ卒業して、メタボは進級しちゃうんじゃ意味がない。と、クランキーを囓りながら書いている。おいおいおい。これはタバコ吸いながら「禁煙を考えている」と言ってる奴とどこが違うんだ?クランキーに罪はない。悪いのは踊らされる私だ。しかし、その美味しさは禁固7年くらいの罪深さ。毎日食べている。

今週はマイルチャンピオンシップがある。さ、今週も呪いをかけてやる!ケーッケッケ!

それでは。

脱ニコチンプロジェクト4日目

11月13日より始まった脱ニコチンプロジェクト。すっかりガム、ミンティア、飴が三種の神器になってしまった。前から伝えているように、食欲が凄い。昨日は性欲も凄かった。「やりてえ」と思うアレである。今まで意識した事がなかったが、食欲と性欲の神経は近い場所にあるせいか連動し易いという。まさに今の自分の状態。

逆に睡眠欲が減退した。というか、タバコを吸わなくなってから疲れにくくなってる。これは気のせいなのか。睡眠が浅いのは間違いなく、覚醒するのも早い。タバコ吸う時間がない為、朝なんか凄い余裕がある。今までどうしてあんな無駄な時間を割いてしまってたのか。

申し訳ないが、メリットしかない。欲求としては「タバコ吸いてー」よりも「ご飯食いてー!」が勝っており、ほぼ禁煙どころか嫌煙になってしまっている。ホント、喫煙者は臭い。私も知らず知らず迷惑をかけていた。これからは、男女問わずタバコ臭い奴には嫌な顔をしてやろうと思う。まだ一週間も経っていないのにこの心境の変化に、自分でも驚いている。

それでわ。

脱ニコチン

禁煙生活2日目。一日一箱が日課だった私。やはり脳からニコチンを欲している。でも思いの外、抑止が効いている。衝動を我慢するのが上手くなる。吸いたくなったら、会社から出て2-3分散歩する。今までの喫煙時間を考えれば、なんてことはない。そうすると、不思議と欲求は消える。

様々なサイトを見た。とにかく禁煙は短時間勝負。ニコチンを身体から無くす事が大事。体質にもよるが、1週間くらいで抜けるらしい。そうすると脳の中毒性がなくなり、あとは欲求にブレーキがかかりやすくなる。そういうことらしいので、「一本くらいいいか」というのはダメだってこと。ただ、個人的には電車とかでタバコの臭いが染み付いちゃってるおっさんが居る。あれは存在だけで胸糞が悪い。大抵外見が汚らしいというのは共通しているのは不思議ではある。ああなりたくないなって気持ちが強い。なので、そういうおっさんを見ることでモチベーションを維持している。せっかくなんだから、スマートなおっさんになりたいものだ。

これから忘年会シーズン。お酒の席も増える。でも、継続できそうな予感はある。だってなんだか、既に食事が楽しくなってるんだよな。食事ってあんな楽しいのか?ヤバイ、太る。

それでわ。

うん、またやっちまった

フミノイマージン。すまないm(._.)mやはり慎ましく逆論法でいくべきだったか。。。

いいのか悪いのか、どんどん競馬に興味がなくなっていく。不思議なもので、そんな時には別の楽しい事が見つかる。ふと思えば、今までが異常だった。このブログを見ていても、だんだんとただのコラムになっていってるような気がする。予想というよりエピソードを並べ立てるだけ。まぁ馬券買ってないからなんだろうけど。

以前に書いたとおり、ダイエットは継続している。69キロあったのが、65キロになった。着れなかった服が着れるようになるというのは、嬉しい。腹〜モモにかけて太かった。腹は凹んだが、モモは引き続きの努力が必要なようだ。

と、同時にタバコを辞めようと思う。金がかかるのもあるが、もうすぐ30歳になる人間が今だにタバコに縛られているというのが、なんだか情けなく思えてきた。生活リズムを変えるなら、今なのではないかと。実際に、都内でわ吸えるスペースを見つけることが大変。吸わない人間が大半なんだから、スペースの比率としては妥当だなと最近思えてきた。そうだ、私もあちら側へフライアウェイだ。

しかし、よく聞くのわタバコを辞めると太る。という話。イヤだ!それだけはイヤだ!でも、毎日410円も馬鹿らしい。ハッキリ言って、昼食よりも高い。これはひたすら、精神論になってくるのかもしれない。タバコを我慢し、食事を我慢し。何が楽しくて生きているのか。きっとこう考える。でも、そんなに食事に興味はない。

でも昔は吸ってなかったんだから、縛られている今の方がおかしいよな。

明日から三日が地獄の苦しみだろう。とにかくニコチンを抜いてやりたい。きっと、そこから世界が広がる気がする


それでわ。

エリザベス女王杯その2

フミノイマージン。太宰騎手。本田調教師。言っちゃあなんだが、地味だ。でもだからこそ応援したくなる。実際に記事は多くない。

本田調教師は元騎手。強気な騎乗と言動で競馬を面白くしてくれる方でした。でもその実、自分がダメだった時の潔さもありました。ゴリゴリの一番人気でのオークスで負けた時、「騎手が下手だったと書いてくれて結構です。」とマスコミに言いました。それはそのまま紙面に載り、物議を醸しました。

2006年。カワカミプリンセスと出会った。デビューから無敗。そして挑んだエリザベス女王杯。カワカミプリンセスはまたも先頭でゴールに飛び込んだ。ように見えた。

「カワカミプリンセス号は最後の直線で他馬の走行を妨害したとして、降着とします」

アナウンスはコダマした。結果論にはなってしまうが、これを機に被害馬のヤマニンシュクル号は引退。ルールありきで競馬は成り立つ。やはりダメなものはダメだ。本田騎手はマスコミに「全部俺の責任」と言いました。しかし、裁決委員(レースを成立だと認める人)には、こう嘆願したと言います。

「俺からは制裁金をいくら取っても構わないが、馬の降着だけは勘弁してくれ」

翌2007年2月に調教師試験に合格。その年の2月25日の騎乗を最後に、騎手を辞めました。最後のG1騎乗がエリザベス女王杯。カワカミプリンセスが一番強いんだという事実を成立させてくれ!と願った本田騎手。カワカミプリンセスはその後、11戦して勝利を挙げることなく引退しました。その背中に自分が居なかったことは、本田騎手にとってどういう重みを与えたのでしょうか。

太宰騎手。同期には今となっては三冠騎手の池添。なんだか毎年それなりに勝ってはいる。しかし最多勝は45勝。昨年結婚し現在33歳。初重賞勝ちは、フミノイマージンとの昨年福島牝馬S。これはフミノイマージンにとっても重賞初勝利。おそらくそこからだろう、本田調教師と太宰騎手の二人三脚は。しかし、残酷な時はくる。晴れ舞台である。今年のヴィクトリアマイル。騎手は同期の池添騎手。理由は「馬主の意向」。恐らく元騎手の本田さんは下唇を噛んだ。
勿論彼はG1を勝っていない。G1を勝っていない騎手というのは、ゲンを担ぐ世界では嫌われる。それでも太宰騎手は本田調教師の馬に乗り続けた。

結果、らしくない2敗をして札幌記念で太宰騎手に戻る。そして勝利することで、この馬を取り戻した。

「もう、何があっても太宰でいく」

私は札幌記念の後、本田調教師がそう思ってくれるのを願っています。そして、この舞台。

記者会見で太宰騎手はこう言います。

「僕がちゃんと彼女をエスコートするだけです。」

基本的に媚びない彼の性格。だから確かな信じるものをわかっている。ここで自分自身がこの馬が、ノルカソルカは決まる。私も信じています。頑張れ!フミノイマージン!頑張れ!太宰騎手!

素敵な結果を期待しております。


エリザベス女王杯その1

先週からの引き続きエアー馬券。買う予定はない。でも応援する馬は決まっている。今回だけは、マジで勝ってほしいから逆のことを書いてやろうかとも思ったが、「嘘、見栄、愚痴」を言ってたら私自身の成長はないと思うので通常営業でいきます。

このレース、恐らくジェンティルドンナは最初から出る予定はなかった。春二冠の時点で、秋の最大目標はジャパンカップだったと推測しております。そんな中、ガチで勝ちにいったヴィルシーナがダントツ人気になるのもうなづけます。私も桜花賞でわこの馬が一番強いと思っていました。しかし、ジェンティルドンナに全敗。すべて2着。本当に素晴らしい馬です。でもその相手のローテーションがわかっていたらどうなのでしょう?その天敵がいない今回、どんな競馬になるのでしょうか。はっきり、今回が最も状態がいいと思います。

ちなみに前回の内田騎手の騎乗は120点だったと思います。私はそういう馬は、次走は必ず消します。そんな人馬一体が何度も続くわけない。勝たれても、安いと割り切ります。ヴィルシーナのおかげかどうかはわかりませんが、最近の友道厩舎は勝負の時は内田騎手に依頼することが多い。以前は岩田騎手ばかりでしたが。


古馬の中でG1を勝っているのは、ホエールキャプチャとエリンコート。エリンコートについてはここでくる可能性を考えるなら、とっくに他のレースで勝っているはずの馬。今回覚醒する可能性を求めるのはこの馬のファンだけで十分。ホエールキャプチャが一番取捨が難しい。記者会見で言っているように本質的に距離の融通の効くマイラーなのでしょう。前回は横山典弘騎手独特のヤラズ。アパパネ同様一発目からは来ない馬なのかもしれませんし、斤量も他とは違いました。でも積極的に買う材料は少ない。

そう、色々難癖をつけていますが私が応援する馬はあの馬です。何度かここでも取り上げてきました。

フミノイマージンと太宰騎手。そして本田調教師。

このオバハンも偉い奴です。重賞を取れるなんて入厩当初は期待されていなかったでしょう。だから競馬は面白いですよね。

まだ続きます。

山も街も色づく季節

紅葉が見頃だと、ニュースでやっています。明日は雨が降るようで執拗に今日を薦める。確かに雨が背景になるより、太陽の角度でコロコロと彩を変えるほうが見ていて面白いし、味がある。何より、そのほうが弁当も美味い。落葉でベッチャベチャの道を歩くのは、街でも嫌なもんだしどうしたものかと悩むが今日はダメだ。

同じように街も色づき始めている。クリスマスのイルミネーションってやつ。まだまだ先なんだよなっていつも思うし、残念ながら一緒に過ごす相手が毎年いないことから、「クリスマス=一年で最も大人しい一日」と位置づけている。恋人と過ごすなんて一体誰が決めたのか。モテない部類の人間からすると、恐怖でしかない。悔しいので、毎年12月24日はホールケーキを購入する。別にそんなに好きじゃないんだが、これは矜恃なんだろう。ケーキ屋さんの店員は大概かわいいので、ショートケーキだと「あ、この人あっち(モテない)側の人なんだ」と腹の中で笑われない為にホールケーキを購入する。おそらくそんな風に思っている店員はいないだろう。そんな小さい矜恃のせいで三日くらいかけて食べる。三日目は激しく後悔する。そうそう食べれるものじゃない。しかも昔から生クリームを食べると気持ち悪くなる。大体ショートケーキ一個以上は、体調不良になるのだ。味は好きなんだけどなぁ。

とにもかくにもそんな風にクリスマスを過ごす。記事を書いててまたこの時期が来てしまったかと、焦る気持ちがなくなってきたのは人生への諦めもあるのだろう。いいのだ。人間なんてそうそう変われない。と言うか、そんなに悲観していない。むしろ自虐な感じで楽しんでいる。

クリスマスは去年もやっただろう!!!と昭和の親父なら叫び出さないのか?というくらい、街がざわつく。子供がいる上司なんかは、確実にトイザラスだろう。そう、クリスチャン云々でわなく、ただのイベントなんだ。楽しんだもんが勝者。

だからかどうかは知らんが、25日になった途端に完全撤収するのはやめて欲しい。もう少し余韻を楽しめよ。あの辺りは師走なんだろう。師走のなせるわざ。妙な説得力。

明日はエリザベス女王杯。これからクリスマスイブの有馬記念まで毎週G1がありますね。忙しくも楽しい日々です。

それでわ。

もう、馬券買うのが恐怖でしかない

おいおい、1番人気と2番人気だぜ。どっちも掲示板もないとわ。。。orzです。ただ、ここまでくると直線半ばで笑えてきましたけど。そんな自分の怖いくらいの呪いの話はどうでもいいんだが、アルゼンチン共和国杯勝ったルルーシュは強かった。他と能力が違うわっていうより、騎手の腕が違うわ。本気モードの横山典弘さんはホント凄い。ジャパンカップ、この馬買いたくなった。インタビューでいつもの取っ付きにくい感じ。

あれはホクトベガで叩かれてからではなかったでしょうか。

ちょっと話は逸れます。ホクトベガのWikipediaにもあるんですが、横山典弘騎手自身が本気で自殺まで考えたホクトベガの事故。日本ダート最強を引っさげてドバイの地。世界最強を目指しての引退レース。ホクトベガにはレースが終われば繁殖牝馬としての仕事が待っていました。しかし、4コーナーの落馬事故によりホクトベガは予後不良。つまり、安楽死処分となりました。ダビスタの大ヒットを受けて、にわか評論家の乱立により様々なメディアから叩かれた。横山典弘騎手は「自らの強引な騎乗がアクシデントを引き起こした。」と後に語っていたそうです。それからはメディアへの露出も極端に減り、いつもあんな感じのインタビュー。ホクトベガの遺体は検疫の関係で本国に戻ることはなかったそうですが、遺体なしで行われた日本での葬儀。横山典弘騎手はただ一人、喪服で参列されたそうです。

ポツンと最後方騎乗をかましたり、直線半ばでやる気を失ったりという騎乗をしばしば観ます。人気馬だったりすると、競馬場がどよめいています。でも、やるときはやる。騎乗フォームは美しく、やはり馬への負担は少ない。レース後、労うようにポンと馬の首を叩く姿が本当に絵になります。でも今日は厩舎の勢いもあったと思われます。藤沢和雄厩舎。岡部元騎手が第一主戦で先日凱旋門賞を勝ったペリエが来日していた時のような凄い成績。東京競馬場の3特別を完全制圧はおろか、今週出走した10頭全てを掲示板にもってきています。

それでも横山典弘騎手のインタビューでは、「もっと体調のいい時を知ってるんで、体調が良くなれば、今後戦う舞台でも勝負になる」とクギを刺されていましたね(笑)それだけいい関係なんでしょう(笑)ペルーサで散々ファンを裏切り続けたコンビ。今更こんな狭い日本で、関東だ関西だと言うつもりもありませんが、関東馬の関東騎手に気持ちのどこかでつい想いを馳せてしまう自分がいるのも確かです。おそらく現状それが出来るのはこの厩舎しかいない。関東住まいなら誰しもがそんな期待が気持ちのどこかにあるからか、どこぞの掲示板ではネタ調教師とされています(笑)期待故の揶揄。チクショーですね(笑)

ホクトベガの事はこちらの掲示板でも知ることができます。

ホクトベガ

年に一度のドバイワールドカップデーの日に思い出すのは快挙の瞬間ではなく、胸が苦しくなるようなあの場面。そんな方々が、ホクトベガを今も愛する方々が投稿されているようです。現役時代を知る私も、時に立ち寄り時に涙ぐんでしまいます。ヴィクトワールピサが歴史的な勝利を、震災で俯く日本に届けたあの日。ホクトベガの誕生日だったそうです。一等星を名に持つ貴女。都合のいい、だけども素敵な想像を巡らせてしまいそうです。

何となく、横山典弘騎手のインタビューを見ていたらそんなことを思い出しました。

それでわ。

以前書いた記事に訂正があります

以前ファビラスラフィン産駒は重賞未勝利という事を書きましたが、本日出走するギュスターヴクライ号は本年の阪神大賞典にて優勝しておりました。関係者ならびにファンの皆様にお詫びと訂正を致します。

両親の毛色ガン無視のギュスターヴクライ。今日はこいつが本命です。勿論、お詫びを込めて。前走から陣営が「叩き良化型」って言ってたのが印象的。逆算ローテでJCを三戦目にもってきている。恐らくここを負けてしまうと、出走が危うくなる。勝ちに行く。蛯名騎手。JCはフェノーメノ居るんじゃないのか?尚更ここは勝ちに行く。阪神大賞典はオルフェーヴルの逸走があったがなんだかんだヒルノダムール以下には結構な差で勝利している元値。

よし!妙に自信がある。

あとはみやこS。ローマンレジェンドが被っているが、ハタノヴァンクールの本気を見てみたい。直線だけしかちゃんと走っていない印象を受ける。尚更、直線平坦の京都は不安でわありますが。でもあの末脚は本物でしょう。斤量でローマンレジェンドに分がありますが。この馬、ダートで負けていない。昆厩舎って非社台の筆頭厩舎ですが、なんだかんだと代表馬が出てくる。ヒルノダムールの次はこの馬でしょう。昆厩舎は本当に凄い。こういう厩舎は好きだ。ヒルノダムールもローレルゲレイロも好きだ。よって、ハタノヴァンクールも好きだ(笑)

いいレースが期待できそうですね。

それでわ。

神はいる。しかし、確実に死神か貧乏神。

無神論でここまで生きてきました。今後もどこかに入信するつもりもないのですが、神の存在を確信しました。しかし、残念ながら死神か貧乏神の類でしょう。やっかいな連中に目をつけられたものです。

私はこれまで「悪い時はトコトン悪い。いい時はトコトンいい。」という言葉をにわかにしか信じていませんでした。しかしこの格言は信じてみようと思います。今の私は、トコトン悪いのでしょう。今日の結果が全てを証明してくれましたね。エアー馬券でこの結果。普通にガクブルしております。

6戦して3着が一回のみ。ネタとしては全敗を望んでおりましたが、中途半端に3着。小牧よ、余計なことすんな(笑)

皆さん、このブログの利用法がわかりましたね?ある意味有益なブログです。明日も呪いをかけてやるつもりです。予想が被ったら、変更をお薦めします。決して私を恨まないように(笑)

今なら言えます。東原亜希先輩に負けたくないです!

それでわ。

11/3

東京10R ゴーハンティング
東京11R バリローチェ
東京12R ロイヤルクエスト

京都10R ジェントルマン
京都11R ツルマルレオン
京都12R ワイドバッハ

単勝1に対して複勝2を購入する。勿論脳内で(笑)どうなるんだろうか。楽しみだーーーーーー!

それでわ。

11月というと、もう秋も深いわけで

最近めっきり寒くなって参りましたね。とっくに衣替えですが、会社での制服がまだ支給されていない私。黒のスラックスにセーターという、一見すると高校生のような姿で仕事をしています。女性ならラフな形でも絵になりますが、私はバッチリ男です。気にしません。支給されるまで待ちます。それまで絶対に「寒い」なんて言いません。言ったら負けだと思います。補足すると、花粉症気味なのかマスクをしています。口まわりは毎日ムレムレです。私のまわりだけ酸素が薄いです。

一週間は早い。もう競馬です。今週はお金をかけずに競馬の予想だけを淡々としていく。エアー馬券師。当たったらスゲードヤ顔してやろう。競馬の神様に向かって。「当てちゃいましたけど、何か?」って言ってやろう。競馬の神様って、どこに住んでんだ?

動機が不純でわあるが、何にしても楽しんだ者が勝者。お金が増えた、減ったという事ばかりに気を取られていたら、足元に咲く一輪の花の美しさに気付けない人間になってしまう。なんて無粋なんだ!おいおい、それは先週までの私でわないのか?

人間立場が変われば、言うことも変わる。

だから「躍る大捜査線」の室井さんはかっこいい。自分を曲げずに苦悩を表に出さない。おっと、全くもって関係ない方向にいっているでわないか。

予想を簡単に書いていきます。

それでわ。



プロフィール

GMポテト

Author:GMポテト
今年こそガリガリ君で当たりを出したい!

2012年11月13日より禁煙スタート。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。